五等分の花嫁(8巻)ネタバレなし全話感想

マンガ

五等分の花嫁8巻をネタバレなしで全話レビューします。

『五等分の花嫁 8巻』は恋の暴走機関車に目覚めた二乃が風太郎にアタックしていきます。

それにとまどう風太郎ですが一花と三玖も二乃に影響されて覚醒して行くのでした。

あと上杉家と中野家それぞれが家族旅行をし温泉回もあります。

偽五月や五つ子のお父さんとおじいさんに翻弄される風太郎が見どころですが、ラストには衝撃のシーンがあるのが最大の見どころです。

五等分の花嫁(8巻)のみどころ

8巻は60話から68話が収録されています。

風太郎を好きだと認識した二乃の恋の暴走機関車っぷりがたまりません。

それに影響されて以前から風太郎を好きだった一花と三玖も影響されていくのが見どころです。

あと初めての温泉回もあるのが見逃せません。

五等分の花嫁(8巻) 60話

60話は期末試験の打ち上げ回です。

みんな緊張が解けてなごんだ雰囲気だったのが良かったですが、一花と三玖の間にある緊張感がたまらないです。

三玖が何考えているのか分からない表情をしているだけに一花の罪悪感が高まってしまうようでその2人の表情がなんとも味わいぶかいものでした。

二乃は前回バイクに乗りながら告白したので彼女だけ風太郎の気持ちを考えてやきもきしていたのですが、まさか風太郎にはああなっていて彼女があんな行動をとるなんて・・・やっぱり二乃は最高です。

一花と三玖がまごまごしている間にかっとんでいくのですからニヤニヤが止まりませんでした。

五等分の花嫁(8巻) 61話

61話は風太郎と三玖回です。

三玖があんなにいじましい気持ちでやってきたのに風太郎の鈍感さはさすがラブコメ漫画の主人公だと思いました。

でも初めての体験に悩んでいる様子はいつもの風太郎とは違い気の毒だと思いつつも面白くてたまりません。

これも二乃のおかげなのでやっぱり二乃が最高です。

そしてプププと笑う三玖もまた最高の回でした。

あと五つ子を忘れられると思った矢先に五月と一緒にヤッホーしちゃう風太郎と五月も最高でした。

五等分の花嫁(8巻) 62話

62話はあらゆるところに五月がいる回です。

よそよそしい五つ子たち、そしてなぜか色んな場所に五月がいる事態に混乱する風太郎ですが、彼はまたミステリアスな展開に巻き込まれてしまいました。

ようやく会えた五月の話しも不可解で謎が深まります。

そんな大きな話しの序盤である回ですが、風太郎をフータロー呼びする二乃が最高の回でした。

五等分の花嫁(8巻) 63話

63話は温泉回です。

相手が見えなくても裸で会話するというのはドキドキするものなのでしょうか。

想像するとやっぱりドキドキするので風太郎が異常なのでしょう。

突撃する二乃がさすがでしたが、風太郎に誰か分かられなかっただけで怒っていたら風太郎と付き合っていけないと思いました。

そしてこれまた勢いで来てしまう五月は天然で可愛かったです。

五等分の花嫁(8巻) 64話

64話はなぜ五月がたくさんいるのか回です。

そんなことで寝込むなんてじいさん大げさすぎるだろうと思いました。

そして五つ子で最初に個性的な格好を始めたのは四葉だそうで、これは後々大きな伏線になっているのではないでしょうか。

あとむくれる三玖が可愛かったですし、その後姿をじっくり眺められたのは幸せでした。

五等分の花嫁(8巻) 65話

65話は一花と二乃の相談回です。

恋の暴走機関車、二乃の暴走っぷりがたまりません。

無理やりキスなんてしちゃダメですよと言いたいものです。

そして風太郎も太ももの傷を確認しようなんてするのもやっぱり良くないと思いました。

五等分の花嫁(8巻) 66話

66話は一花と四葉回です。

以前四葉がブラック部活に捕まっていた時に一花が気にかけていましたが、今回はその逆で感慨深いものです。

しかし四葉は一花に好きなことしてと言いましたが、頑張り屋の一花が本気だしたら一体どうなるのか末恐ろしくもあります。

そしておじいさんについて頑張る風太郎ですが、彼もよくそんなことのために頑張れるなと思いました。

五等分の花嫁(8巻) 67話

67話は五つ子ゲームリベンジ回です。

愛があるがゆえに同じ格好をしている五つ子を見分けることができる・・・うーん、名作回です。

でも以前、風太郎は五つ子マンション宅に泊まった朝に三玖に化けた五月を見破っていました。

三玖じゃないことは分かっていても他の4人じゃないことに気付いたのも愛だったのでしょうか。

それはそれとして嬉しそうな三玖の笑顔がたまらない回でした。

五等分の花嫁(8巻) 68話

68話は旅館編終了回です。

また風太郎の結婚式シーンがある節目なのですが、ラストが衝撃シーンでした。

あの五月は一体誰だったのでしょうか。

無言であんなことをする人間が五つ子の中にいるとは思えません。

よっぽどの理由があったと思いますが、あの子が花嫁確定なのでとても気になります。

五等分の花嫁(8巻) 読者の反応

二乃推しには最高の巻かもしれませんね。