五等分の花嫁(2巻)ネタバレなし全話感想

マンガ

五等分の花嫁 2巻を紹介します。ご安心を、ネタバレなしですよ。

五等分の花嫁 2巻は風太郎がバスタオル一枚の二乃を押し倒した衝撃のシーンからスタートします。
これでも切腹ものですがなんとそのシーンを五月に撮られてしまいました。
そんな風太郎に五つ子裁判が開かれます。
そして季節は夏、五つ子たちは母の思い出を胸に揃って花火を観に行くのですが、1人だけおじさんと抜け出す子がいました。
風太郎は五つ子たちに無事思い出の時間を過ごさせることができるでしょうか。
今回も風太郎は体力がないのに走り回るのでした。

五等分の花嫁(2巻)までのあらすじ

2巻は6話から14話が収録されています。
1巻で風太郎を好きになってしまった三玖ですが、なんと強力なライバルが現れてしまいました。
風太郎争奪戦に参戦する2人目は誰か、そしてその子が抱える秘密も明らかになることが見どころです。

五等分の花嫁(2巻) 6話

6話は、五つ子裁判の回です。
男性1人が複数の女性に詰め寄られているシーンは何度見ても良いものでニヤニヤしながら読みました。
でもみんなで一方的に風太郎を責めるのではなく、きちんと弁護してくれる人がいること、それが認められることがきちんと裁判になっており面白いです。
三玖と二乃がメインで、2人が光と闇のごとく対立するのですが二乃に風太郎への個人的感情を責められてひるむ三玖がなんとも可愛くてなりません。
風太郎に切腹を命じるコマは最高でした。
そして二乃は始終風太郎にツンツンしっぱなしで彼女が風太郎にデレることは当分先のようです。

五等分の花嫁(2巻) 7話

7話は、らいはとお出かけ回です。
この漫画ではとても珍しい、主人公が食事以外でお金を使う回です。
現代で日常生活を送る男子高校生を主人公にした漫画でお金を使うシーンがそれにしかないというのは何とも珍しいものですが、そういうストイックさが逆に受けているのかもしれません。
日曜日に勉強が思う存分できるなんて喜ぶ主人公なんて中々いないでしょうからやっぱり風太郎も面白いキャラクターだと思いました。
そして風太郎と同じく恥ずかしくてたまらないのにらいはのために無理をする五月がとても愛しくなります。
この回を見ると彼女がメインヒロインじゃないかと思うのですが、でも他の皆もそれぞれ魅力的なので分からないです。

五等分の花嫁(2巻) 8話

8話は、花火を観に行く回です。
五つ子のバックボーンが語られたりそれぞれのキャラクターが深堀されていきます。
同じ顔なのに一花だけおまけされるというのはどういうことなのでしょうか。
身振り手振りや話し方などが影響するのでしょうか、不思議です。
浴衣の下に下着をつけているかという男性高校生にはドキドキものの命題ですが、クールに切り捨てる風太郎がさすがです。
そんな風に誘惑されているのに「うっざ」と思うなんて私には信じられません。
そして今回のMVPは二乃でしょうか、人混みの中を風太郎に助けられてときめいちゃっている様子は普段ツンツンしている分ギャップがあって最高です。
さらにオチも最高でおバカで可愛いなと思いました。

五等分の花嫁(2巻) 9話

9話は、夏祭りの人混みの中五つ子を探しに行く回です。
風太郎の無神経さに怒ったり呆れたりする三玖が可愛いです。
特に風太郎が一度背負った三玖を重くて歩けず降ろしてしまうところがツボでした。
五月は残念そうな顔をするところがひどいですが、他の五つ子とは違うポジションにいるところが魅力です。
そして謎の行動をとるあの子、そのミステリアスさが最高です。

五等分の花嫁(2巻) 10話

10話は、風太郎にとって五つ子は何なの回です。
風太郎が一花にあそこまで呆れられるのはこの回だけじゃないでしょうか。
あそこまで呆れた顔はこの漫画の中でも唯一かもしれません。
風太郎はたしかに面倒くさいけど、風太郎のその関係にこだわってしまう気持ちも分かります。
そして風太郎がその答えを出すところは中々感動的でした。
ラストに明かされるあの子の秘密は中々驚きのもので、そういう意外な凄い事実が明かされるシチュエーションというのは良いものです。

五等分の花嫁(2巻) 11話

11話は、一花回です。
見どころはなんと言っても見開きの笑顔でそれを見ただけで涙が湧いて来ました。
この漫画は本当に良い表情を描いていると思います。

五等分の花嫁(2巻) 12話

12話は花火回です。
三玖と一花が同じ花火選んでしまうところがたまらないです。
これからの展開を暗示していることは間違いなく、これからがワクワクするような不安になるようなそんなシーンでした。
そして二乃のツンツンしたねぎらいの言葉のシーンもニヤニヤさせてくれます。

五等分の花嫁(2巻) 13話

13話は、メアド回です。
メールアドレスを交換するなんていまや滅多にしないのでとても懐かしい気分になりました。
らいはで五月を釣る風太郎と振り回されてばかりの二乃が可愛かったです。

五等分の花嫁(2巻) 14話

14話は二乃と写真の回です。
しょっぱなから風太郎に涙目にされる二乃が可愛いのですが、さらに涙目にされる二乃が愛しくてたまりません。
そしてまさかの勘違いで好きになっちゃうところもまた良くて二乃の魅力がふんだんに出ていました。
そして風太郎と五つ子の因縁もまた明らかになりこれからがとても楽しみです。

五等分の花嫁(2巻) 読者の反応